肥満の治療【美しく痩せるために行なう努力】

二重を実現

目頭切開の平均的な料金

目頭切開とは、目頭の部分の皮膚を切除した上で縫合する整形手術です。目頭切開をおこなうと、まぶたがすっきりとして目が大きく開くようになります。 目頭切開は、一般的には両目に対しておこなわれます。左右の目のバランスをとりながら、自然な仕上がりになるように切開や縫合がおこなわれるのです。平均的な料金は、20万円台となっています。 ただし、もともと両目がアンバランスになっている人などは、片目のみに手術を受けることも可能となっています。その場合の料金の相場は、10万〜15万円ほどです。 また、目頭切開はしばしば二重術とあわせておこなわれます。二重術もおこなうことで、一層目元の魅力がアップすることになるからです。この場合、10万〜20万円ほどの料金が加算されることになります。

蒙古ひだをなくすことができます

日本人は、欧米の人と比べて腫れぼったい目をしている場合が多いです。これは、目頭に蒙古ひだと呼ばれている皮膚があるからです。この蒙古ひだが、目頭に覆いかぶさっているため、その分日本人の目は細く小さく見えてしまいがちなのです。 そしてこの蒙古ひだを除去する整形手術が、目頭切開です。蒙古ひだがなくなれば、日本人の目でも欧米の人の目のように、パッチリと開くようになります。それにより、黒目の丸みや輝きが目立つようになりますし、キリッとした切れ長の目になります。 このように、蒙古ひだがなくなれば、目元の印象は大きく変わるのです。目は顔の中で最も人に見られることの多い部分ですから、目頭切開は整形手術の中でも特に高い人気があります。